Lifehack

ミニマリストのiPhoneホーム画面整理術5つの手順【アプリ配置の最適化】

ミニマリストのスマホのホーム画面ってどんな感じなの?

毎日使うスマホのホーム画面なので、ミニマリストなら便利なものにしておきたいところ。

 

アプリのアイコンを自作して隠したりしている人もいるみたいですが、使いやすさの最適化を目指す僕としてはナシです。

アプリを隠すとタップの回数が増えるし単純に面倒ですよね

以前まではアプリをジャンルごとにフォルダ分けして使っていましたが、iOS14になってからフォルダは一切使っていません。

 

ということで、この記事では僕が実践しているiPhoneのホーム画面の最適化方法について解説していきます。

補足

この記事ではiOS14以降であることを前提としています。

ミニマリストのiPhoneホーム画面整理術

ホーム画面は1ページにする

ミニマリストのiPhoneホーム画面1ページ目

まずはとにかくアプリをホーム画面から取り除いてページを1ページにしましょう。

補足

アプリを削除する必要はありません。

アプリアイコンを長押しして「-」ボタンを押したら「ホーム画面から取り除く」を選択してアプリをホームから非表示にしてください。

非表示にしてもAppライブラリ(後述します)から起動できます。

ホーム画面を1ページにすることでウィジェット画面とAppライブラリの表示をスムーズに行えるようにするためです。

頻繁に使うアプリだけを配置する

ミニマリストのiPhoneホーム画面アプリ配置

ホーム画面には毎日のように使うアプリだけを配置しましょう。

 

利き手側かつ下側によく使うアプリを配置することで、使いやすくなります。

僕は右利きでLINEやメモアプリをよく使うので右下に配置しています

余裕があればスマホを開いたときに目に付くように付箋ウィジェットを配置したり、カレンダーウィジェットを配置するのもオススメです。

 

ちなみに僕は初期からインストールされているiPhoneのカレンダーアプリのウィジェットとStickyNoteという付箋アプリのウィジェットを配置しています。

 

ホーム画面を見るだけで、その日の予定やメモが目に入るので、予定などを思い出しやすい状態にすることができます。

ホームに貼れるメモ帳 - StickyNote

ホームに貼れるメモ帳 - StickyNote

Shota Yamashita無料posted withアプリーチ

また、ホーム画面にアプリを配置するときは、できる限りフォルダは作らないことをオススメします。

 

というのも、後述しますがiOS14以降からはアプリを自動でジャンルごとにフォルダ分けしてくれる機能があるので、自分で作る必要がないからです。

 

冒頭でも書きましたが、ホーム画面でフォルダを作ってしまうと、タップ回数が増える&分かりづらくなるので、アプリはそのまま配置してみてください。

ニュース関連はウィジェット画面に配置する

ミニマリストのiPhoneのウィジェット画面

iOS14以降ではホーム画面の1ページ目を左から右にスワイプするとウィジェット画面が表示されます。

 

ウィジェット画面は名前の通り、ウィジェットを配置できる画面です。

 

天気やニュースなどのサラッと目を通したい内容のものはウィジェット画面に配置しておきましょう。

 

ウィジェット画面のウィジェットはタップすることでアプリの起動も行えます。

 

まだまだiPhoneのウィジェット対応アプリは少ないですが、ウィジェットが優秀なアプリはホーム画面に配置せずにウィジェット画面を活用することをオススメします。

たまにしか使わないアプリはAppライブラリから起動する

ミニマリストのiPhoneのAppライブラリ画面

ウィジェット画面同様にホーム画面の1ページ目を右から左にスワイプするとAppライブラリが表示されます。

 

AppライブラリではAIが自動的に同じようなジャンルのアプリをカテゴリごとにフォルダ分けをしてくれます。

 

たまにしか使わないアプリはホーム画面には配置せず、このAppライブラリから起動すればOKです。

 

また、アプリが多くても上の検索ボックスにアプリ名を入力すればアプリを検索することもできるので便利です。

コントロールセンターを活用する

ミニマリストのiPhoneコントロールセンター

iPhoneは下から上にスワイプするとコントロールセンターが表示されます。

 

コントロールセンターには様々なショートカットを設定できるので、アラームや電卓、カメラなどはホーム画面に配置せずにここから起動しましょう。

 

コントロールセンターのショートカットは設定>コントロールセンターから入れ替えることができるので、自分好みにカスタマイズしてみてください。

補足

設定>アクセシビリティ>タッチ>背面タップからiPhoneの背面をトントン叩くだけでアプリを起動できるようにする方法もありますが、ご動作が多いのでオススメはしません。

しばらく使っていないアプリは削除する

iPhoneアプリ削除画面

Appライブラリがあるので、基本的にアプリを頑張って削除する必要はないですが、アプリが多すぎるとAppライブラリからアプリを探すのが大変になります。

 

検索ができるとはいえ、アプリが少なければ検索せずとも探すことができるので、できる限り使っていないアプリは削除するようにしましょう。

 

アプリはアプリアイコンを長押しして表示されるメニューから「Appを削除」で削除することができます。

アプリを整理して使いやすいホーム画面を作ろう

よく使うアプリだけをホーム画面に配置することで、快適にアプリを起動できるようになります。

 

毎日使うからこそ、少しの手間でも省けるようにホーム画面を整理しておきましょう。

 

ちなみに余談ですが、壁紙のデザインがシンプルなほうがアプリが見やすくなるのでオススメです。

補足

設定>壁紙>壁紙を選択>静止画を選択すると初期からiPhoneに入っている壁紙を選択できます。

今回紹介した手順で使いやすいiPhoneのホーム画面を作ってみてください。

  • この記事を書いた人

のねる

ミニマリストブロガー。節約して必要最小限のモノで楽しく生活するコツを発信中。より良くより少なくがモットー。

人気記事一覧

ミニマリストが2021年に買ったアイテム 1

2021年に買って生活の質が向上したオススメアイテムをメンズミニマリストの視点でご紹介します。

2

ミニマリストの僕が実際に捨てたものについてまとめていきます。断捨離で快適ライフを手に入れましょう。

3

リュックの中身は最小限のアイテムがベスト。メンズミニマリストのエブリデイキャリーをご紹介します。

4

特化しすぎたアイテムは使わずに放置されてしまうことが多いです。キッチンツールは1つで複数の役割ができる便利なアイテムを選択しましょう。

5

なかなか断捨離が進まないと悩んでいませんか?それは正しい手順が踏めていないことが原因かもしれません。断捨離にはうまく進めるための正しい手順とコツがあります。この記事では断捨離を成功させるテクニックをご紹介します。

-Lifehack